【膵がん:二次治療(OS、PFS)】「ベリパリブ+FOLFIRI」vs「FOLFIRI」

転移性膵がんと診断され、一次治療加療後に病勢が進行した人が次の治療を考える場合、「FOLFIRI」治療に「PARP阻害薬 ベリパリブ」の上乗せを選択しても生存期間、無増悪生存期間の延長は期待しにくい。試験は早期無効中止となった。

DNA損傷応答(DDR)の欠損がある人では「ベリパリブFOLFIRI」治療を受けた場合の生存期間は7.4ヵ月(vs 5.1ヵ月, p=0.10)、無増悪生存期間は2.0ヵ月(vs 2.1ヵ月, p=0.62)であった。

【発表】

2021年9月27日

【試験名】

SWOG S1513(Phase 2)〔NCT02890355

【試験実施国】

米国

【原著】

Clin Cancer Res. 2021 Sep 27. [PMID: 34580114]