【肺がん:術後治療(5年OS)】「個別化治療」vs「化学療法」

手術後の化学療法を考える場合、「ERCC1とTSの発現レベルに基づいた個別化治療」を選択しても「従来のプラチナ製剤を含む化学療法」を選択した場合を上回る5年生存率は期待しにくい。

「ERCC1とTSの発現レベルに基づいた個別化治療」は次のような化学療法が選択することとされた。

【試験名】

ITACA(Phase 3)

【原著】

Ann Oncol. 2021 Oct 4.  [PMID: 34624497]

【さらに詳しく】