【悪性黒色腫:術前治療(2年RFS)】「タリモジーン・ラハーパレプベック→手術」vs「手術」

「IIIB-IVM1a期悪性黒色腫」と診断された人が手術前を考える場合、「タリモジーン・ラハーパレプベック(腫瘍溶解性免疫療法薬)」による手術前の補助療法を選択することで2年無再発生存率の向上が期待できる。

【発表】

2021年10月4日

【試験】

Phase 2〔NCT02211131

【試験参加国】

米国、オーストラリア、ブラジル、フランス、ギリシア、ポーランド、ロシア、スペイン、スイス

【原著】

Nat Med. 2021 Oct 4. [PMID: 34608333]