【明日のレジメン図鑑】アミバンタマブ+ペメトレキセド+カルボプラチン(EGFR陽性肺がん)

アミバンタマブペメトレキセドカルボプラチン」併用療法は、「「タグリッソ治療開始後に病勢が進行したEGFR遺伝子変異陽性の進行非小細胞肺がん」に対して、2024年5月31日に承認申請された治療レジメン。この申請は、Phase 3試験『MARIPOSA-2試験』の結果に基づく。

【承認申請日】

2024年5月31日

【効能及び効果】

第3世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)による前治療が無効だったEGFR遺伝子変異陽性の進行非小細胞肺癌

【さらに詳しく】

 

トライアルの詳細を見る

【EGFR陽性肺がん:二次治療(PFS)】「アミバンタマブ+ラゼルチニブ+化学療法」vs「化学療法」
MARIPOSA-2(Ann Oncol)                     局所進行または転移性のEGFR変異陽性の非小細胞肺がんと診断され、「タグリッソ」治療が無効になった人が次の治療を考える場合、「ペメトレキセド+カルボプラチン」に「EGFR/MET二重特異性抗体アミ ...