【HER2陽性胃がん:二次治療】エボルパセプト+ハーセプチン

HER2陽性の転移性胃がんまたは胃食道接合部がんと診断され、フルオロピリミジン系を含む化学療法加療後に進行した19名が「CD47阻害薬 エボルパセプトハーセプチン」治療を受けた結果、4名(21%)の人が治療に奏効した。

【発表】

2021年11月15日

【試験名】

ASPEN-01(Phase 1)〔NCT03013218

【原著】

Lancet Oncol . 2021 Nov 15. [PMID: 34793719]

【こちらの記事も合わせて読む】