【多発性骨髄腫:二次治療(PFS)】「ダラザレックス+カイプロリス+デキサメタゾン」vs「カイプロリス+デキサメタゾン」

再発または治療抵抗性の人が次の治療を考える場合、「カイプロリスデキサメタゾン」治療に「ダラザレックス」の上乗せを選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

カイプロリスデキサメタゾンダラザレックス」治療を受けた87%の人がグレード3以上の有害事象を経験した(vs 76%)。「カイプロリスデキサメタゾンダラザレックス」治療の主なグレード3以上の有害事象は、血小板減少症(25% vs16%)、高血圧症(21% vs 15%)、肺炎(18% vs 9%)、貧血(17% vs 15%)。

本試験結果に基づいて、2020年3月10日、「ダラザレックス」について、再発・難治性多発性骨髄腫を対象に、カイプロリスデキサメタゾンダラザレックスの併用療法への適応拡大の承認申請が行われ、同年11月27日、承認された。

【発表】

2021年12月3日

【試験名】

CANDOR(Phase 3)〔NCT03158688

【試験参加国】

オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、カナダ、チェコ、フランス、ハンガリー、日本 、ポーランド、ルーマニア、ロシア、韓国、台湾、トルコ、英国、米国

【原著】

Lancet Oncol 2022; 23: 65–76. [PubMed: 34871550]

【こちらの図鑑も合わせて見る】