【トリプルネガティブ乳がん:一次治療(ORR)】「パクリタキセル+コビメチニブ+テセントリク」vs「アブラキサン+コビメチニブ+テセントリク」

トリプルネガティブの人の一次治療として「MEK阻害薬 コビメチニブテセントリク」に「パクリタキセル」を併用した場合の奏効率は34.4%、「アブラキサン」を併用した場合の奏効率は29.0%であった。ただ、奏効期間は「アブラキサン」を併用した場合の方が11.0ヵ月と長かった(vs 5.8ヵ月)。

コビメチニブテセントリクアブラキサン」治療の奏効率は、IMpassion130試験における「テセントリクアブラキサン」治療の奏効率56.0%を超えるものではなかった。

【発表】

2021年2月1日

【試験名】

COLET(Phase 2)〔NCT02322814

【原著】

Ann Oncol. 2021 ;32:652-660. [PubMed: 33539944]

【こちらの記事も合わせて読む】