【BRAF陽性悪性黒色腫:術後治療(7年OS)】「タフィンラー+メキニスト」vs「経過観察」

COMBI-AD(NEJM)                        

BRAFV600EまたはBRAFV600K変異陽性の悪性黒色腫と診断された人が術後の治療を考える場合、「タフィンラーメキニストによる術後補助療法」の実施を選択することで、無再発生存期間の延長が期待できる。

【発表】

2024年6月19日

【試験名】

COMBI-AD(Phase 3)〔NCT01682083/jRCT2080222458

【試験参加国】

日本(静岡がんセンター、済生会中央病院)、米国、アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チェコ、デンマーク、フランス、ドイツ、ギリシャ、イスラエル、イタリア、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ロシア、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、英国

【原著】

N Engl J Med. 2024 Jun 19.   [PubMed: 38899716]

【さらに詳しく】

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【BRAF陽性悪性黒色腫:術後治療(3年RFS)】「タフィンラー+メキニスト」vs「経過観察」
COMBI-AD(NEJM)                         BRAFV600EまたはBRAFV600K変異陽性の悪性黒色腫と診断された人は、手術後の補助療法として「タフィンラー+メキニスト」治療を選択することで3年無再発生存率の向上が期待できる。 試験では、手術 ...
【BRAF陽性悪性黒色腫:術後治療(4年RFS)】「タフィンラー+メキニスト」vs「経過観察」
COMBI-AD(JCO)                          BRAF陽性の悪性黒色腫と診断された人は手術後の補助療法として「タフィンラー+メキニスト」治療を選択することで4年無再発生存率の向上が期待できる。 【発表】 2018年10月22日 【試験名】 COMB ...
【BRAF陽性悪性黒色腫:術後治療(5年RFS)】「タフィンラー+メキニスト」vs「経過観察」
COMBI-AD(NEJM)                         BRAFV600EまたはBRAFV600K変異陽性の悪性黒色腫と診断された人が術後の治療を考える場合、「タフィンラー+メキニストによる術後補助療法」の実施を選択することで、5年無再発生存率の向上が期待で ...
【BRAF陽性悪性黒色腫:術後治療(7年OS)】「タフィンラー+メキニスト」vs「経過観察」
COMBI-AD(NEJM)                         BRAFV600EまたはBRAFV600K変異陽性の悪性黒色腫と診断された人が術後の治療を考える場合、「タフィンラー+メキニストによる術後補助療法」の実施を選択することで、無再発生存期間の延長が期待でき ...