【乳がん:術前治療(4年OS)】「エピルビシン+パクリタキセル+シクロホスファミド」vs「パクリタキセル+ドキシル」

手術可能なハイリスク乳がんと診断された女性が手術前の治療として「intense dose-dense EPC(エピルビシンパクリタキセルシクロホスファミド)療法」を選択しても「パクリタキセルドキシル」と同程度の4年生存率が期待できる。

【発表】

2021年11月17日

【試験名】

GeparOcto(Phase 3)〔NCT02125344

【原著】

Eur J Cancer. 2021 Nov 17. [PMID: 34801353]

【こちらの記事も合わせて読む】

【さらに詳しく】