【EGFR陽性肺がん:二次治療(PFS)】「イボネスシマブ+化学療法」vs「化学療法」

HARMONi-A(JAMA)                       

EGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺がんと診断され、EGFR-TKI治療を受けた人が次の治療を考える場合、「ペメトレキセドカルボプラチン」治療に「抗PD-1/VEGF二重特異性抗体イボネスシマブ」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

【発表】

2024年5月31日

【試験名】

HARMONi-A(Phase 3)〔NCT05184712

【試験参加国】

中国

【原著】

JAMA. 2024 May 31. [PubMed: 38820549]

【さらに詳しく】