【ALK陽性肺がん:一次治療(PFS)】「アレセンサ」vs「ザーコリ」

J-ALEX(Lancet)                         

ALK融合遺伝子陽性非小細胞肺がんと診断された人が初めてALK阻害薬治療を考える場合、「アレセンサ」治療を選択することで、無増悪生存期間の大幅な延長が期待できる。

試験では、「ザーコリ」治療を受けた人の無増悪生存期間は10.2ヵ月であったのに対し、「アレセンサ」治療を受けた人は試験期間中に半数以上が増悪なく生存していた。

グレード3または4の有害事象は、「ザーコリ」治療を受けた人の52%、「アレセンサ」治療を受けた人の26%に発現した。「ザーコリ」治療を受けた人の74%が有害事象のため投与が中断され、20%が投与を中止した。「アレセンサ」治療を受けた人の29%が有害事象のため投与が中断され、9%が投与を中止した。

【発表】

2017年5月10日

【試験名】

J-ALEX(Phase 3)〔jRCT2080222267

【試験実施国】

日本

【原著】

Lancet 2017; 390: 29–39. [PubMed:28501140]

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【トライアル図鑑】J-ALEX(ALK陽性肺がん:一次治療)
【試験名】 J-ALEX(Phase 3)〔jRCT2080222267〕 【試験開始日】 2013年11月1日 【試験終了予定日】 2020年12月31日 【試験参加国】 日本 【こちらの図鑑も合わせて見る】 ...
【ALK陽性肺がん:一次治療(PFS)】「アレセンサ」vs「ザーコリ」
J-ALEX(Lancet)                          ALK融合遺伝子陽性非小細胞肺がんと診断された人が初めてALK阻害薬治療を考える場合、「アレセンサ」治療を選択することで、無増悪生存期間の大幅な延長が期待できる。 試験では、「ザーコリ」治療を受けた人 ...
【ALK陽性肺がん:一次治療(OS)】「アレセンサ」vs「ザーコリ」
J-ALEX(Lung Cancer)                       ALK融合遺伝子陽性非小細胞肺がんと診断され、初めてALK阻害薬治療を考える場合、「アレセンサ」治療を選択することで、「ザーコリ」治療をした場合を上回る無増悪生存期間が期待できる。現時点では「アレ ...
【ALK陽性肺がん:一次治療(5年OS)】「アレセンサ」vs「ザーコリ」
J-ALEX(ESMO Open)                    ALK融合遺伝子陽性非小細胞肺がんと診断された人が初めてALK阻害薬治療を考える場合、「アレセンサ」治療を選択しても、「ザーコリ」治療を選択した場合を上回る5年生存率は期待しにくい。 【発表】 2022年7 ...

 

【さらに詳しく】