【PD-L1陽性腎細胞がん:一次治療(OS)】「バベンチオ+インライタ」vs「スーテント」

JAVELIN Renal 101(Ann Oncol)              

PD-L1陽性細胞1%以上の進行淡明細胞型腎細胞がんと診断された人が初めての治療を考える場合、「バベンチオインライタ」併用療法を選択することで、「スーテント」単独治療を選択した場合を上回る無増悪生存期間が期待できるが、生存期間の延長が期待できるかはまだ分からない。

【発表】

2020年4月25日

【試験名】

JAVELIN Renal 101(Phase 3)〔NCT02684006

【原著】

Ann Oncol. 2020;31:1030-1039. [PubMed: 32339648]

【こちらの図鑑も合わせて見る】