【MSI-H子宮体がん:二次治療(ORR)】キイトルーダ

MMR欠損またはMSI-Hを有する子宮体がんと診断された90名の女性が「キイトルーダ」治療を受けた結果、48%の人が治療に奏効した。「キイトルーダ」治療を受けた12%の女性がグレード3または4の治療関連有害事象を経験した。

【発表】

2022年1月6日

【試験名】

KEYNOTE-158(Phase 2)〔NCT02628067

【原著】

J Clin Oncol. 2022 ;40:752-761.  [PubMed: 34990208]

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【さらに詳しく】