【レジメン図鑑】キイトルーダ+5-FU+シスプラチン(胃がん)

キイトルーダ5-FUシスプラチン」は治癒切除不能な進行・再発の胃がんに対して、Phase 3試験『KEYNOTE-859試験』の結果に基づき、2023年5月12日に承認申請され、2024年5月17日に承認された。

【承認日】

2024年5月17日

【効能及び効果】

治癒切除不能な進行・再発の胃癌

【さらに詳しく】

 

このレジメンの主なトライアルを見る

【トライアル図鑑】KEYNOTE-859(胃がん)
【試験名】 KEYNOTE-859(Phase 3)〔NCT03675737/jRCT2080224580〕 【試験開始日】 2019年3月18日 【試験終了予定日】 2024年2月2日 【試験参加国】 日本(愛知県がんセンター、国立がん研究センター東病院、兵庫県立がんセンター、 ...
【胃がん:一次治療(OS)】「キイトルーダ+化学療法」vs「化学療法」
KEYNOTE-859(Lancet Oncol)                   HER2陰性の進行胃がんと診断された人が初めての治療を考える場合、「化学療法(5-FU+シスプラチンまたはCAPOX)」に「キイトルーダ」の上乗せを選択することで生存期間の延長が期待できる。 ...