【多発性骨髄腫:四次治療(6ヵ月PFS、ORR)】テクリスタマブ

MajesTEC-1(Lancet)                      

多発性骨髄腫と診断され、これまで多くの治療を受けてきた人が「 BCMA x CD3二重特異性抗体 テクリスタマブ」治療を受けた結果、65%の人が治療に奏効した。

テクリスタマブ」治療の主な有害事象はサイトカイン放出症候群(70%、すべてグレード1または2)、グレード3または4の好中球減少症(40%)であった。

【発表】

2021年8月10日

【試験名】

MajesTEC-1(Phase 1)〔NCT03145181

【試験参加国】

米国、フランス、オランダ、スペイン

【原著】

Lancet 2021; 398: 665–74.  [PubMed: 34388396]

【さらに詳しく】

【こちらの図鑑も合わせてみる】

【多発性骨髄腫:四次治療(6ヵ月PFS、ORR)】テクリスタマブ
MajesTEC-1(Lancet)                       多発性骨髄腫と診断され、これまで多くの治療を受けてきた人が「 BCMA x CD3二重特異性抗体 テクリスタマブ」治療を受けた結果、65%の人が治療に奏効した。 「テクリスタマブ」治療の主な有害事象 ...
【多発性骨髄腫:四次治療(ORR)】テクリスタマブ
MajesTEC-1(NEJM)                        免疫調節薬、プロテアソーム阻害薬、抗CD38抗体を含む3剤以上の治療歴がある多発性骨髄腫165名が「BCMAxCD3二重特異性抗体  テクリスタマブ」治療を受けた結果、63%の人が治療に奏効し、18 ...