【胆道がん:二次治療(PFS)】「オニバイド+5-FU+ロイコボリン」vs「5-FU+ロイコボリン」

NALIRICC(Lancet Gastroenterol Hepatol)            

進行胆管がんまたは胆嚢がんと診断され、ゲムシタビンを含む治療歴がある人が次の治療を考える場合、「5-FUロイコボリン」治療に「オニバイド」の上乗せを選択しても無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

【発表】

2024年6月10日

【試験名】

NALIRICC(Phase 2)〔NCT03043547

【試験実施国】

ドイツ

【原著】

Lancet Gastroenterol Hepatol. 2024 ;9:734-744. [PubMed: 38870977]