【プラチナ感受性卵巣がん:維持療法(OS)】「ゼジューラ」vs「プラセボ」

NORA(EClinicalMedicine)                    

プラチナ製剤感受性の卵巣がんと診断され、 2ライン以上の化学療法を受け、プラチナ製剤で奏効が得られた女性が次の対処を考える場合、「ゼジューラによる維持療法」を選択することで無増悪生存期間の延長が期待できるが、生存期間が延長できるかについてはまだ示されていない。

【発表】

2024年5月7日

【試験名】

NORA(Phase 3)〔NCT03705156

【試験実施国】

中国

【原著】

EClinicalMedicine. 2024 :72:102629.  [PubMed:38745967]

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【プラチナ感受性卵巣がん:維持療法(PFS)】「ゼジューラ」vs「プラセボ」
NORA(Ann Oncol)                         プラチナ製剤感受性の卵巣がんと診断され、 2ライン以上の化学療法を受け、プラチナ製剤で奏効が得られた女性が次の対処を考える場合、「ゼジューラによる維持療法」を選択することで無増悪生存期間の延長が期待で ...
【プラチナ感受性卵巣がん:維持療法(OS)】「ゼジューラ」vs「プラセボ」
NORA(EClinicalMedicine)                     プラチナ製剤感受性の卵巣がんと診断され、 2ライン以上の化学療法を受け、プラチナ製剤で奏効が得られた女性が次の対処を考える場合、「ゼジューラによる維持療法」を選択することで無増悪生存期間の延長 ...