【ER陰性乳がん:術後治療(5年RFS、5年OS)】「CMF」vs「AC」

切除可能なER陰性乳がんと診断され、手術後にリンパ節転移が認められた女性が手術後の補助化学療法を考える場合、「ACレジメン(ドキソルビシンシクロホスファミド)」を選択しても「CMFレジメン(シクロホスファミドメトトレキサート5-FU)」を選択しても同等の5年無再発生存率と5年生存率が期待できる。

【発表】

2001年2月15日

【試験名】

NSABP B-23(Phase 3)

【原著】

J Clin Oncol. 2001 ;19 :931-42. [PubMed: 11181655]

【こちらの図鑑も合わせてみる】