【レジメン図鑑】オプジーボ+SOX(胃がん)

オプジーボSOXS-1オキサリプラチン)」治療は、治癒切除不能な進行・再発の胃がんに対して、2021年11月25日に承認された治療レジメンの1つ。本承認は、Phase 3試験『CheckMate 649』、『ATTRACTION-4試験』の結果に基づいている。

オプジーボSOX」治療は、HER2陰性の胃がん・胃食道接合部がんに対する一次治療において、PD-L1 CPS5 以上の人に、推奨するされているレジメンの1つである。

オプジーボSOX」治療を含む「オプジーボ+化学療法」の主な副作用は、末梢性感覚ニューロパチー(56.0%)、食欲減退(52.1%)、悪心(50.4%)、好中球数減少(43.7%)、血小板数減少(40.1%)、下痢(34.8%)、白血球数減少(21.4%)、嘔吐(20.1%)、疲労(20.1%)。

【承認日】

2021年11月25日

【効能及び効果】

治癒切除不能な進行・再発の胃癌

【さらに詳しく】

 

このレジメンの主なトライアルを見る

【胃がん:一次治療(PFS)】「オプジーボ+化学療法」vs「化学療法」
ATTRACTION-4(Lancet Oncol)                  転移または再発胃がんと診断された人が初めての治療を考える場合、化学療法(SOXまたはCAPOX)に「オプジーボ」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。 「オプジーボ+化学療 ...
【胃がん:一次治療(PFS)】「オプジーボ+SOX」vs「SOX」
ATTRACTION-4(Lancet Oncol)                  転移または再発胃がんと診断された人が初めての治療を考える場合、「S-1+オキサリプラチン(SOX)」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。 【発表】 2022年1月11日 ...
【胃がん:一次治療(ORR)】「CAPOX+オプジーボ」vs「SOX+オプジーボ」
ATTRACTION-4(Ann Oncol)                   手術ができない胃がんまたは胃食道接合部がんと診断された人が初めての治療として「CAPOX+オプジーボ」治療を受けた76.5%の人が、「SOX+オプジーボ」治療を受けた57.1%の人が治療に奏効した ...