【大腸がん:二次治療(OS)】「サイラムザ+FOLFIRI」vs「FOLFIRI」

遠隔転移を有する大腸がんと診断され、「FOLFOXアバスチン」による一次治療加療後に病勢が進行た人が次の治療を考える場合、「FOLFIRI」治療に「サイラムザ」の上乗せを選択することで生存期間の延長が期待できる。

サイラムザ」上乗せを選択した人の38%に重度の好中球減少症(vs 23%)、11%に重度の高血圧(vs 3%)、11%に重度の下痢(vs 10%)、12%に重度の疲労感(vs 8%)が現れた。

日本では、この試験結果に基づき、2015 年5月「治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌」の適応で製造販売承認申請を行い、2016年5月に承認された。

【発表】

2015年4月12日

【試験名】

RAISE (Phase 3) 〔NCT01183780

【原著】

Lancet Oncol. 2015;16:499-508.  [PubMed: 25877855]

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【さらに詳しく】