【BRCK陽性乳がん:二次治療(ORR)】タラゾパリブ

生殖細胞系BRCA1またはBRCA2変異を有する局所進行または転移乳がんと診断され、3レジメン以下の化学療法歴がある日本人女性19名が「PARP阻害薬タラゾパリブ」治療を受けた結果、57.9%の人が治療に奏効し、6.8ヵ月間奏効が持続した。

タラゾパリブ」治療を受けた52.6%の人がグレード3または4 の治療関連有害事象を経験した。

【発表】

2022年7月30日

【試験】

Phase 1〔NCT03343054

【試験実施国】

日本

【原著】

Breast Cancer. 2022 Jul 30. [PubMed: 35907135]