【大腸がん:一次治療(PFS)】「FOLFOXIRI+アバスチン」vs「FOLFIRI+アバスチン」

TRIBE(NEJM)                          

大腸がんと診断された人が初めての治療を考える場合、「FOLFOXIRIアバスチン」治療を選択することで、「FOLFIRIアバスチン」治療を選択した場合を上回る無増悪生存期間の延長が期待できる。

FOLFOXIRI」治療で増える有害事象(グレード3以上)は、神経毒性、口内炎、下痢、好中球減少症。

【発表】

2014年10月23日

【試験名】

TRIBE(Phase 3)〔NCT00719797

【試験実施国】

イタリア

【原著】

N Engl J Med. 2014;371:1609-18. [PubMed:25337750]

【さらに詳しく】

【こちらの図鑑も合わせて見る】

【大腸がん:一次治療(PFS)】「FOLFOXIRI+アバスチン」vs「FOLFIRI+アバスチン」
TRIBE(NEJM)                           大腸がんと診断された人が初めての治療を考える場合、「FOLFOXIRI+アバスチン」治療を選択することで、「FOLFIRI+アバスチン」治療を選択した場合を上回る無増悪生存期間の延長が期待できる。 「FO ...
【大腸がん:一次治療(OS)】「FOLFOXIRI+アバスチン」vs「FOLFIRI+アバスチン」
TRIBE(Lancet Oncol)                       初めての化学療法を考える場合、「FOLFOXIRI+アバスチン」治療を選択することで「FOLFIRI+アバスチン」治療を選択するより生存期間の延長が期待できる。試験では「FOLFOXIRI+アバス ...
【大腸がん:一次治療(OS)】「FOLFOXIRI+アバスチン」vs「FOLFOX+アバスチン」
遠隔転移を有する大腸がんと診断された人が初めての治療を考える場合、「FOLFOXIRI+アバスチン」治療を選択することで「FOLFOX(またはFOLFIRI)+アバスチン」治療を選択した場合より生存期間の延長が期待できる。 【発表】 2020年8月20日 【解析対象】 CHART ...