【PD-L1強陽性高齢者肺がん:一次治療(PFS)】

75歳以上で、PD-L1 TPS 50%以上の非小細胞肺がんと診断された26名が「キイトルーダ」単剤治療を受けた結果、41.7%の人が治療に奏効し、無増悪生存期間は9.6ヵ月であった。「キイトルーダ」単剤治療を受けた15.4%の人がグレード3以上の有害事象を経験した。

【発表】

2022年4月30日

【試験】

Phase 2〔UMIN000029602, jRCTs061180068

【試験実施国】

日本

【原著】

Thorac Cancer. 2022 Apr 30. [PubMed: 35488720]