【大腸がん:二次治療】「イリノテカン+アービタックス」vs「アービタックス」

イリノテカン」治療を始めて6ヵ月以内で増悪した人で、KRAS G13D変異がある人では、「アービタックス」単独治療を選択するより、「イリノテカン」を継続し「アービタックスイリノテカン」治療を選択することで、無増悪生存率の向上が期待できる。

【発表】

2016年4月25日

【試験名】

ICECREAM(Phase2)

【原著】

J Clin Oncol. 2016 ;34:2258-64. [PMID:27114605]

【外部リンク】