レジメン2022

厚生労働省がDPC対象病院(平成31年度、対象:退院患者)にて調査した集計内容を活用して作成したレジメンの使用ランキング。

【原著】

01.肺の悪性腫瘍

  1. エトポシドカルボプラチン(10.3% → 9.7%)

  2. アムルビシン(6.0% → 6.3%)

  3. キイトルーダ(6.1% → 4.8%)

  4. タグリッソ(3.7% → 4.8%)

  5. シスプラチンビノレルビン(4.4% → 4.2%)

  6. カルボプラチンアブラキサン(4.7% → 4.0%)

  7. キイトルーダカルボプラチンペメトレキセド(3.8% new)

  8. ドセタキセルサイラムザ(2.5% → 3.2%)

  9. エトポシドシスプラチン(3.8% → 3.1%)

  10. ドセタキセル(3.0% → 3.1%)

  11. テセントリクエトポシドカルボプラチン(2.9% new)

  12. カルボプラチンペメトレキセド(3.5% → 2.7%)

  13. カルボプラチンパクリタキセル(2.9% → 2.7%)

  14. キイトルーダカルボプラチンアブラキサン(2.2% new)

  15. オプジーボ(4.0% → 2.2%)

  16. テセントリク(2.7% → 2.0%)

  17. イミフィンジ(2.0% new)

  18. S-1(1.6% → 1.7%)

  19. ペメトレキセド(1.9% → 1.5%)

  20. カルボプラチンアバスチンペメトレキセド(2.3% → 1.5%)

 

02.乳房の悪性腫瘍

  1. エピルビシンシクロホスファミド(10.2%→11.7%)

  2. ドセタキセルハーセプチンパージェタ(3.9%→6.6%)

  3. パクリタキセル(5.2%→6.1%)

  4. ドセタキセル(5.8%→6.0%)

  5. エピルビシンシクロホスファミド5-FU(7.4%→5.8%)

  6. タモキシフェン(7.0%→5.8%)

  7. シクロホスファミドドキソルビシン(4.8%→5.7%)

  8. シクロホスファミドドセタキセル(5.1%→5.1%)

  9. アリミデックス(5.1%→5.1%)

  10. パクリタキセルアバスチン(4.4%→4.2%)

  11. フェマーラ(4.0%→3.9%)

  12. ハーセプチンパージェタ(2.0%→3.3%)

  13. ハーセプチン(3.9%→2.6%)

  14. ハラヴェン(2.9%→2.6%)

  15. カドサイラ(1.4%→1.4%)

  16. ドセタキセルハーセプチン(3.2%→1.4%)

  17. ハーセプチンパージェタパクリタキセル(0.7%→1.4%)

  18. ハーセプチンパクリタキセル(2.3%→1.4%)

  19. アブラキサン(0.9%→0.8%)

  20. アロマシン(0.9%→0.8%)

03. 胃の悪性腫瘍

  1. S-1シスプラチン(16.8%→15.0%)

  2. S-1オキサリプラチン(11.7%→13.6%)

  3. パクリタキセルサイラムザ(9.0%→8.0%)

  4. オプジーボ(8.1%→7.9%)

  5. アブラキサンサイラムザ(3.4%→5.3%)

  6. オキサリプラチン5-FU(3.5%→4.8%)

  7. カペシタビンシスプラチンハーセプチン(6.0%→4.4%)

  8. S-1(4.8%→4.2%)

  9. カペシタビンオキサリプラチン(3.1%→2.8%)

  10. シスプラチン(3.1%→2.7%)

  11. パクリタキセル(3.0%→2.4%)

  12. イリノテカン(2.4%→2.3%)

  13. S-1シスプラチンハーセプチン(2.6%→2.2%)

  14. アブラキサン(1.5%→1.9%)

  15. S-1ドセタキセル(1.1%→1.9%)

  16. S-1オキサリプラチンハーセプチン(1.3%→1.7%)

  17. カペシタビンシスプラチン(1.4%→1.6%)

  18. カソデックス(1.5%→1.5%)

  19. サイラムザ(1.3%→1.2%)

  20. イリノテカンシスプラチン(1.2%→1.0%)

04. 結腸・直腸の悪性腫瘍

04-01. 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍

  1. 5-FUオキサリプラチンアバスチン(15.5%→15.7%)

  2. 5-FUオキサリプラチン(13.3%→13.2%)

  3. 5-FUイリノテカンアバスチン(12.9%→11.0%)

  4. カペシタビンオキサリプラチン(5.9%→6.8%)

  5. 5-FUイリノテカンサイラムザ(5.4%→5.7%)

  6. 5-FUオキサリプラチンベクティビックス(5.0%→5.3%)

  7. 5-FUイリノテカン(5.0%→4.9%)

  8. 5-FUイリノテカンベクティビックス(3.9%→3.7%)

  9. 5-FUアバスチン(3.7%→3.5%)

  10. 5-FUオキサリプラチンイリノテカンアバスチン(1.7%→2.9%)

  11. カペシタビンオキサリプラチンアバスチン(2.7%→2.7%)

  12. 5-FUイリノテカンザルトラップ(3.0%→2.1%)

  13. 5-FU(1.9%→1.9%)

  14. S-1イリノテカンアバスチン(1.2%→1.2%)

  15. 5-FUイリノテカンアービタックス(1.2%→1.1%)

  16. 5-FUオキサリプラチンアービタックス(1.1%→1.0%)

  17. 5-FUオキサリプラチンイリノテカン(0.7%→1.0%)

  18. 5-FUベクティビックス(0.9%→1.0)

  19. S-1オキサリプラチンアバスチン(1.0%→0.9%)

  20. ロンサーフアバスチン(0.6%→0.9%)

04-02. 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍

  1. 5-FUオキサリプラチンアバスチン(15.0%→13.3%)

  2. 5-FUオキサリプラチン(12.3%→12.8%)

  3. 5-FUイリノテカンアバスチン(12.9%→11.6%)

  4. 5-FUオキサリプラチンベクティビックス(5.3%→6.7%)

  5. カペシタビンオキサリプラチン(5.4%→6.5%)

  6. 5-FUイリノテカンサイラムザ(5.2%→5.8%)

  7. 5-FUイリノテカン(5.5%→4.7%)

  8. 5-FUイリノテカンベクティビックス(4.4%→4.4%)

  9. 5-FUアバスチン(3.3%→2.9%)

  10. 5-FUイリノテカンザルトラップ(2.7%→2.6%)

  11. カペシタビンオキサリプラチンアバスチン(2.4%→2.5%)

  12. 5-FUオキサリプラチンイリノテカンアバスチン(1.4%→1.6%)

  13. 5-FU(1.7%→1.6%)

  14. 5-FUオキサリプラチンアービタックス(1.1%→1.2%)

  15. カペシタビン(1.1%→1.2%)

  16. S-1(1.2%→1.1%)

  17. 5-FUイリノテカンアービタックス(1.0%→1.1%)

  18. S-1イリノテカンアバスチン(1.1%→1.0%)

  19. 5-FUベクティビックス(1.0%→1.0%)

  20. S-1オキサリプラチンアバスチン(1.0%→0.8%)

05. 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む)

  1. エピルビシン(29.9%→31.0%)

  2. レンビマ(10.7%→11.2%)

  3. ミリプラチン(12.7%→11.2%)

  4. シスプラチン(11.0%→9.4%)

  5. ゲムシタビンシスプラチン(3.9%→4.3%)

06. 膵臓・脾臓の腫瘍

  1. ゲムシタビンアブラキサン(38.9%→36.9%)

  2. 5-FUオキサリプラチンイリノテカン(27.8%→30.6%)

  3. ゲムシタビン(9.6%→8.5%)

  4. S-1(8.1%→7.1%)

  5. 5-FUイリノテカン(2.5%→2.7%)

07. 腎腫瘍

  1. オプジーボ(31.5%→29.0%)

  2. オプジーボヤーボイ(2.5%→20.1%)

  3. インライタ(9.5%→10.0%)

  4. ヴォトリエント(11.6%→9.7%)

  5. スーテント(11.5%→6.7%)

08.前立腺の悪性腫瘍

  1. カソデックス(26.5%→26.6%)

  2. ドセタキセル(19.9%→19.1%)

  3. ジェブタナ(10.8%→12.1%)

  4. ザイティガ(4.0%→4.1%)

  5. イクスタンジ(3.3%→3.2%)

  6. カソデックス+リュープリン(2.6%→2.6%)

  7. カソデックス+ゴナックス(2.8%→2.5%)

  8. リュープリン(1.9%→2.2%)

  9. ゴナックス(1.9%→2.0%)

  10. エトポシドシスプラチン(1.1%→1.4%)

09.尿路上皮がん

9-01.腎盂・尿管の悪性腫瘍

  1. ゲムシタビンシスプラチン(44.1%→42.8%)

  2. ゲムシタビンカルボプラチン(20.7%→22.3%)

  3. キイトルーダ(13.2%→13.2%)

  4. ゲムシタビン(2.2%→2.4%)

  5. ゲムシタビンパクリタキセル(2.3%→2.4%)

9-02.膀胱の悪性腫瘍

  1. ピラルビシン(38.2%→40.4%)

  2. ゲムシタビンシスプラチン(19.4%→19.7%)

  3. エピルビシン(8.7%→9.0%)

  4. ゲムシタビンカルボプラチン(4.5%→5.2%)

  5. マイトマイシン(7.9%→4.6%)

10.皮膚の悪性腫瘍

10-01.黒色腫

  1. オプジーボ(44.4%→42.3%)

  2. キイトルーダ(16.9%→26.3%)

  3. オプジーボヤーボイ(8.9%→11.4%)

  4. フェロン(8.1%→3.8%)

  5. タフィンラーメキニスト(4.1%→2.9%)

11. 造血器腫瘍

11-01. 急性白血病

  1. シタラビン+アクラルビシン(9.7%→9.8%)

  2. シタラビン+ダウノルビシン(5.7%→7.4%)

  3. シタラビン(7.1%→7.1%)

  4. シタラビン+ミトキサントロン(3.9%→3.9%)

  5. シタラビン+メトトレキサート+メルカプトプリン(3.9%→3.7%)

11-02.慢性白血病、骨髄増殖性疾患

  1. ヒドロキシカルバミド(17.3%→14.7%)

  2. スプリセル(12.3%→12.3%)

  3. ジャカビ(10.1%→10.0%)

  4. イムブルビカ(4.3%→5.8%)

  5. タシグナ(5.6%→5.3%)

  6. ビダーザ(4.3%→4.5%)

  7. グリベック(5.5%→4.2%)

  8. トレアキシンリツキサン(2.0%→3.0%)
  9. アイクルシグ(2.2%→2.6%)

  10. ジャカビ+ヒドロキシカルバミド(2.6%→2.3%)

11-03.悪性リンパ腫

11-03-01.ホジキン病

  1. ドキソルビシンダカルバジンビンブラスチン+ブレオマイシン(42.8%→26.7%)

  2. アドセトリスドキソルビシンダカルバジンビンブラスチン(9.5%→26.3%)

  3. アドセトリス(12.5%→9.7%)

  4. ドキソルビシンダカルバジンビンブラスチン(6.1%→6.9%)

  5. オプジーボ(3.8%→4.8%)

11-03-02.非ホジキンリンパ腫

  1. リツキサンシクロホスファミドドキソルビシン+ビンクリスチン(21.7%→22.4%)

  2. リツキサントレアキシン(10.0%→7.4%)

  3. リツキサンシクロホスファミド+ピラルビシン+ビンクリスチン(7.5%→6.5%)

  4. リツキサン(4.9%→4.7%)

  5. トレアキシンガザイバ(1.4%→4.5%)

11-05.多発性骨髄腫、免疫系悪性腫瘍

  1. ベルケイドデキサメタゾン(10.1%→9.0%)

  2. ダラザレックスレブラミドデキサメタゾン(8.1%→7.3%)

  3. ベルケイドレブラミドデキサメタゾン(7.7%→7.1%)

  4. レブラミドデキサメタゾン(7.3%→5.3%)

  5. カイプロリスデキサメタゾン(2.9%→4.4%)

  6. ダラザレックスレブラミド(3.7%→4.4%)

  7. ベルケイド(4.4%→3.8%)

  8. ダラザレックスベルケイドデキサメタゾン(4.5%→3.7%)

  9. カイプロリス(1.9%→2.9%)

  10. エムプリシティレブラミドデキサメタゾン(2.8%→2.4%)