【HER2陽性乳がん:術後治療(ハーセプチン+化学療法)】「9週間」vs「1年間」

HER2陽性の人が「手術後のハーセプチン+化学療法の治療期間」を考える場合、「9週間の治療」を選択した場合、「1年間の治療」に比べ、5年以内にがんが見つからず生存している可能性が低くなる。

心関連イベントを発現する危険性は「9週間の治療」を選択することで、有意にに少なくなる(HR 0.33, 95%信頼区間 0.22-0.50, p<0.0001)。

【発表】

2018年9月13日

【試験名】

Short-HER(Phase 3)〔NCT00629278

【原著】

Ann Oncol. 2018; Sep 13. [PMID: 30219886]