【頭頸部がん:一次治療】「アービタックス+シスプラチン+5-FU+ドセタキセル」vs「アービタックス+シスプラチン+5-FU」

頭頸部扁平上皮がんの人が初めての治療を考える場合、「アービタックスシスプラチン5-FU」に「ドセタキセル」の上乗せを選択しても無増悪生存期間は期待しにくい。

アービタックスシスプラチン5-FUドセタキセル」治療を受けた人の38.2%が奏効した(vs 31.9% p=0.9)。

アービタックスシスプラチン5-FUドセタキセル」治療を受けた人の21.3%がグレード4の有害事象を経験し(vs 30.8%)、11.2%の人が治療のために死に至った(vs 6.6%)。

【発表】

2019年10月13日

【試験名】

AIO/IAG-KHT trial 1108(Phase 2)

【原著】

Eur J Cancer. 2019 Oct 13 [PMID: 31618704]