【悪性黒色腫:一次治療】「オプジーボ+ヤーボイ」vs「ヤーボイ」

BRAF変異陰性の人が、初めての免疫療法を考える場合、「ヤーボイ」治療に「オプジーボ」治療の追加を選択することで、奏効率の大幅な向上が期待できる。

試験では「オプジーボヤーボイ」併用治療を受けた人の61%で腫瘍縮小効果が認められたのに対し、「ヤーボイ」単独治療を受けた人の奏効率は11%。しかも「オプジーボヤーボイ」併用治療を受けた人の22%で完全奏功が得られた。

グレード 3 または 4 の治療に関連した有害事象は、「オプジーボヤーボイ」併用治療を受けた人の 54%が経験し、「ヤーボイ」単独治療を受けた人では 24%が経験した。

この試験の結果に基づいて、米国では2015年10月「オプジーボヤーボイ」併用療法が「BRAFV600野生型の切除不能または転移性の悪性黒色腫 」の適応で迅速承認された。

【発表】

2015年4月20日

【試験名】

CheckMate 069 (Phase 2)〔NCT01927419

【原著】

N Engl J Med. 2015 ;372:2006-17. [PMID:25891304]

【内部リンク】

【外部リンク】