【胃がん:一次・二次治療】「キイトルーダ+レンビマ」

一次治療または二次治療として「キイトルーダレンビマ」治療を受けた結果、69%の人が治療に奏効した。一次治療(n=14)としての奏効率は71%、二次治療(n=15)としての奏効率は67%であった。CPS≧1%の人(n=19) における奏効率は84%、CPS<1%の人(n=10)における奏効率は40%であった。高TMB例(n=11)における奏効率は82%であった。

無増悪生存期間は7.1ヵ月。生存期間は中央値に未到達であった。

主なグレード3の治療関連有害事象は、高血圧(38%)、蛋白尿(17%)、血小板数減少症(7%)であった。

【発表】

2020年6月23日

【試験名】

EPOC1706(Phase 2)〔NCT03609359

【試験実施国】

日本(国立がん研究センター東病院)

【原著】

Lancet Oncol . 2020 ;21:1057-1065. [PMID: 32589866]

【外部リンク】