【肺がん:術後治療】「イレッサ」vs「経過観察」

手術の後、「イレッサ」を用いた術後補助療法を選択しても、生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「イレッサ」治療を受けた人の無病生存期間は4.1年、生存期間は5.1年であった。「プラセボ」を投与された人の無病生存期間、生存期間は未到達であり、半数以上が追跡期間中に再発なく生存していた。

【発表】

2013年8月26日

【試験】

NCIC CTG BR19(Phase 3)〔NCT00049543

【原著】

J Clin Oncol. 2013;31:3320-6. [PMID:23980091]