【乳がん:二次治療】「パージェタ+ハーセプチン+ゼローダ」vs「ハーセプチン+ゼローダ」

ハーセプチン」を含む治療中または後に進行した人は、「ハーセプチンゼローダ」治療に「パージェタ」治療の上乗せを選択しても、無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「パージェタハーセプチンゼローダ」治療を受けた人の無増悪生存期間は11.1ヵ月、「ハーセプチンゼローダ」治療を受けた人の無増悪生存期間は9.0ヵ月。生存期間は、「パージェタハーセプチンゼローダ」治療を受けた人で36.1ヵ月、「ハーセプチンゼローダ」治療を受けた人に比べ(28.1ヵ月)、8ヵ月延長。

ハーセプチンゼローダ」治療の主な有害事象は、手足症候群、悪心、好中球減少症。「パージェタハーセプチンゼローダ」治療の主な有害事象は、下痢、発疹、鼻咽頭炎。

【発表】

2017年4月24日

【試験名】

PHEREXA(Phase 3)〔NCT01026142

【原著】

J Clin Oncol. 2017 ;35:3030-3038. [PMID:28437161]

【外部リンク】