【限局型小細胞肺がん:化学放射線療法後】「アムルビシン+シスプラチン」

化学放射線療法後の治療として、「アムルビシンシスプラチン」治療がより有望。Phase 3試験は「アムルビシンシスプラチン」の有用性が検証される。

試験では、初回治療として「化学放射線療法」後に、「アムルビシンシスプラチン」治療を受けた人の1年無増悪生存率は54.3%、「シスプラチンビンクリスチンドキソルビシンエトポシド(CODE)」治療を受けた人の1年無増悪生存率は41.0%であった。「化学放射線療法」は、「エトポシドシスプラチン」と「加速過分割胸部照射」が同時期に実施された。

グレード4の好中球減少症はCODE療法を受けた人の47%、「アムルビシンシスプラチン」治療を受けた人の78%に発現した。グレード3の発熱性好中球減少症はCODE療法を受けた人の16%、「アムルビシンシスプラチン」治療を受けた人の42%に発現した。

【発表】

2017年4月4日

【試験】

JCOG1011(Phase 2)

【原著】

Lung Cancer. 2017;108:232-237. [PMID:28625642]