【KRAS野生型大腸がん:一次治療】「アービタックス+化学療法」vs「アバスチン+化学療法」

KRAS野生型の人が初めての治療を考える場合、化学療法に「アービタックス」治療の上乗せを選択しても、「アバスチン」治療の上乗せを選択しても生存期間、無増悪生存期間は同程度。

試験では「アービタックスmFOLFOX6(またはFOLFIRI)」治療を受けた人の生存期間は30.0ヵ月であったのに対し、「アバスチンmFOLFOX6(またはFOLFIRI)」治療を受けた人の生存期間は29.0ヵ月であり、治療間に差はなかった(p=0.08)。

無増悪生存期間も「アービタックスmFOLFOX6(またはFOLFIRI)」治療を受けた人では10.5ヵ月であったのに対し、「アバスチンmFOLFOX6(またはFOLFIRI)」治療を受けた人の生存期間は10.6ヵ月であり、治療間に差はなかった(p=0.45)。

奏効率は「アービタックスmFOLFOX6(またはFOLFIRI)」治療を受けた人では59.6%であったのに対し、「アバスチンmFOLFOX6(またはFOLFIRI)」治療を受けた人では55.2%であり、治療間に差はなかった(p=0.13)。

【発表】

2017年6月20日

【試験】

CALGB/SWOG 80405 (Phase 3)〔NCT00265850

【原著】

JAMA. 2017;317:2392-2401. [PMID: 28632865]

【外部リンク】