【BRAF陽性悪性黒色腫:術後治療】「タフィンラー+メキニスト」vs「プラセボ+プラセボ」

BRAF陽性の人は手術後の補助療法として「タフィンラーメキニスト」治療を選択することで無再発生存率の向上が期待できる。

試験では、手術後の補助療法として「タフィンラーメキニスト」治療を受けた人の無再発生存率について、「プラセボ+プラセボ」が投与された人と比較。「タフィンラーメキニスト」治療を受けることで3年無再発生存率が39%から58%に向上(ハザード比, 0.47; 95%信頼区間, 0.39 – 0.58; P<0.001)。

3年生存率は「タフィンラーメキニスト」治療を受けることで77%から86%に向上(ハザード比, 0.57; 95%信頼区間, 0.42 – 0.79; P=0.0006)。

【発表】

2017年9月10日

【試験名】

COMBI-AD(Phase 3)〔NCT01682083

【原著】

N Engl J Med 2017; 377 : 1813-23. [PMID: 28891408]

【外部リンク】