【急性リンパ性白血病:再発例】19-28z CAR-T細胞

再発性B細胞性急性リンパ性白血病の成人が治療を考える場合、「19-28z CAR-T細胞」の単回注入の選択は、高い確率での寛解が期待できる。

前治療数は2ラインが21例(40%)、3ラインが13例(25%)、4ライン以上は19例(36%)。

【発表】

2018年2月1日

【試験】

Phase 1〔NCT01044069

【原著】

N Engl J Med 2018; 378:439–448. [PMID: 29385376]

【外部リンク】