【EGFR陽性肺がん:一次治療】「イレッサ+カルボプラチン+アリムタ」vs「イレッサ」

EGFR遺伝子変異を有する人が初めての治療を考える場合、「イレッサ」治療に「カルボプラチンアリムタ」の上乗せを選択することで無増悪生存期間、生存期間の延長が期待できる。

試験では「イレッサ」治療に「カルボプラチンアリムタ」の上乗せを選択することで奏効率は67%から84%に向上したが(p < 0.001)、グレード3以上の治療関連有害事象を経験した人は31.0%から65.3%に増加した。

イレッサカルボプラチンアリムタ」後の治療として、最も選択されていたのは「ドセタキセル±サイラムザ」(42.9% vs 30.8%)。「イレッサまたはタルセバ」が36.1%(vs 41.5%)、「ジオトリフ」が31.6%(23.9%)、「タグリッソ」が21.8%(vs 23.3%)、「プラチナダブレット±アバスチン」が19.5%(vs 77.4%)、「S-1」が14.3%(vs 13.2%)、免疫チェックポイント阻害薬が12.8%(vs 12.6%)の人に選択されていた。

【発表】

2019年11月4日

【試験名】

NEJ009(Phase 3)〔UMIN000006340

【原著】

J Clin Oncol. 2019 Nov 4 [PMID: 31682542]

【外部リンク】