【胃がん:一次治療】「レンチナン+S-1」vs「S-1」

初めての治療を考える場合「S-1」に加えて「レンチナン」併用を選択しても、生存期間の延長は期待しにくい。治療成功期間はむしろ併用せずに「S-1」単独治療を選択した方が長い。試験では「S-1+レンチナン」治療を受けた人の半数は9.9ヵ月以上生存したが、「S-1」単独治療を受けた人の半数は13.8ヵ月以上生存した。治療成功期間は4.3ヵ月から2.6ヵ月に短縮した。

S-1レンチナン」治療を受けた人の18.7%で腫瘍縮小効果が得られたが、「S-1」単独治療を受けた人では22.3%の人に腫瘍縮小効果が認められた。

レンチナン」はわが国では「手術不能又は再発胃癌患者におけるテガフール経口投与との併用による生存期間の延長」という効能・効果が承認されており、1986年4月より販売されている。「S-1との併用」については承認されていない。

【発表】

2016年8月4日

【試験名】

JFMC36-0701(Phase 3)

【原著】

Eur J Cancer. 2016;65:164-171. [PMID:27501505]