【悪性黒色腫:一次治療(2年OS)】「オプジーボ+ヤーボイ」vs「ヤーボイ」

BRAF変異陰性の人が、初めての免疫療法を考える場合、「ヤーボイ」治療に「オプジーボ」治療の追加を選択することで、生存率の向上が期待できる。

試験では「オプジーボヤーボイ」併用治療を受けた人の63.8%が治療開始2年後においても生存していたのに対し、「ヤーボイ」単独治療を受けた人の2年生存率は53.6%であった。

治療に関連したグレード3または4の有害事象は、「オプジーボ」治療の追加を選択することで、増加する。試験では20%から54%に増加した。

主な併用治療に関連したグレード3または4の有害事象は、大腸炎、ALT上昇。試験では「オプジーボヤーボイ」併用治療を受けた13%、11%の人が経験した。「ヤーボイ」単独治療に関連したグレード3または4の有害事象は、下痢(11%)、下垂(4%)。

深刻なグレード3または4の治療に関連した有害事象も「オプジーボ」治療の追加を選択することで、増加する。試験では11%から36%に増加した。

【発表】

2016年9月9日

【試験名】

CheckMate 069 (Phase 2)〔NCT01927419

【原著】

Lancet Oncol. 2016 ;17:1558-1568.  [PMID:27622997]

【内部リンク】