【大腸がん:一次治療(二次治療のPFS)】「FOLFIRI+アービタックス」vs「FOLFIRI+アバスチン」

KRAS野生型の人が初めての化学療法を考える場合、「FOLFIRIアービタックス」を選択することで、治療開始からの生存期間だけでなく、二次治療の無増悪生存期間、二次治療開始からの生存期間の延長も期待できる。

試験では一次治療において「FOLFIRIアービタックス」治療を選択した場合と「FOLFIRIアバスチン」治療を選択した場合の奏効率を比較している。同試験では二次評価項目であったが、「FOLFIRIアービタックス」治療を選択した方が生存期間の延長が示されている(関連図鑑→)。

ここでは、一次治療が無効になった後の二次治療の成績について分析している。その結果、「FOLFIRIアービタックス」治療を受けた人は、二次治療における無増悪生存期間が4.7ヵ月から6.5ヵ月に延長。二次治療開始からの生存期間を13.2ヵ月から16.3ヵ月に延長。

【発表】

2015年8月10日

【試験名】

FIRE-3 (Phase 3)〔NCT00433927

【原著】

J Clin Oncol. 2015;33:3718-26.  [PMID:26261259]

【内部リンク】

【外部リンク】