【頭頸部がん:化学放射線療法】「アービタックス+放射線療法」vs「シスプラチン+放射線療法」

化学放射線療法を施行する場合、「アービタクス」治療を選択しても「シスプラチン」に比べ、治療を継続できない可能性が高い。

治療に関連した重度の副作用は「シスプラチン」の3%に比べ、「アービタクス」が19%と多く、1名が命を落としている。「アービタクス」では皮膚毒性、栄養補給が必要な副作用が多く、「シスプラチン」では血液毒性、消化器毒性が多かった。

【発表】

2015年12月7日

【原著】

J Clin Oncol. 2016;34:427-35.