【大腸がん:一次治療】「FOLFOX」vs「IFL」vs「IROX」

大腸がんの人が初めての治療を考える場合、「FOLFOX」レジメンを選択することで、増悪までの期間の延長が期待できる。

試験では「FOLFOX」治療を受けた人の奏効率、無増悪期間、生存期間はそれぞれ45%、8.7ヵ月、19.5ヵ月。「IFL(イリノテカン5-FU急速静注+ロイコボリン)」治療を受けた人の奏効率、無増悪期間、生存期間はそれぞれ31%、6.9ヵ月、15.0ヵ月。「IROX(イリノテカン+エルプラット)」治療を受けた人の奏効率、無増悪期間、生存期間はそれぞれ35%、6.5ヵ月、17.4ヵ月。

FOLFOX」レジメンは、悪心、嘔吐、下痢、発熱性好中球減少症、脱水が起こる可能性が少ない。「エルプラット」を含むレジメン(FOLFOX、IROX)は、感覚神経障害、好中球減少症が多い。

【発表】

2003年12月9日

【原著】

J Clin Oncol. 2004;22:23-30. [PMID:14665611]