【ホルモン感受性前立腺がん】「ドセタキセル+アンドロゲン除去療法」vs「アンドロゲン除去療法」

転移のある人は、ホルモン感受性がまだある頃に、標準治療である「アンドロゲン除去療法」に加え、「ドセタキセル」追加を選択することで生存期間の延長が期待できる。

試験では44.0ヵ月から57.6ヵ月に延長。追跡期間(中央値)53.7ヵ月の時点の解析では47.2ヵ月と57.6ヵ月に差は縮まるがその差は有意のまま (ハザード比, 0.72; 95%信頼区間, 0.59 – 0.89; P =0.0018)。

グレード3以上の発熱性好中球減少症の発生率は 6.2%。好中球減少症に伴うグレード3以上の感染症の発生率は 2.3%。グレード3の感覚神経障害の発生率とグレード3の運動神経障害の発生率はいずれも 0.5%。

【発表】

2015年8月5日

【試験名】

CHAARTED/E3805(Phase 3)〔NCT00309985

【原著】

N Engl J Med. 2015;373:737-46. [PMID: 26244877]

【内部リンク】

【外部リンク】