【乳がん:一次治療】「ドキシル」vs「ゼローダ」

ホルモン療法も「ハーセプチン」治療も適応しない乳がんの人は、「ドキシル」治療への追加を選択しても、病勢進行までの期間の延長は期待しにくい。

試験では「ドキシル」治療を受けた人も、「ゼローダ」治療を受けた人も病勢進行までの期間は、いずれも6.0ヵ月であった。「ドキシル」治療を受けた半数の人は23.3ヵ月以上生存したが、「ゼローダ」治療を受けた半数の人も26.8ヵ月生存した。

重篤な有害事象の発現は「ドキシル」治療を選択することで、「ゼローダ」治療を選択した場合より少ないことが期待できる。過去にアントラサイクリン系薬剤による治療を受けた人では、「ドキシル」治療の選択によって心イベントが起こるリスクが軽減できる。

【発表】

2016年10月31日

【試験名】

PELICAN(Phase 3)

【原著】

Breast Cancer Res Treat. 2016 Oct 31. [PMID:27798749]