【肺がん(東アジア):二次治療】「サイラムザ+ドセタキセル」vs「ドセタキセル」

最初の化学療法後に病勢が進行した人が次の治療の選択を考える場合、「ドセタキセル」への「サイラムザ」上乗せを選択することで、生存期間の延長が期待できる。

東アジア地域では生存期間がより長い。

試験では10.17ヵ月から15.44ヵ月に延長。

【発表年】

2016年2月22日

【試験名】

REVEL(Phase 3)〔NCT01168973

【原著】

Cancer Res Treat. 2016;48:1177-1186. [PMID: 26910471]

【内部リンク】