【悪性黒色腫:二次治療(奏効率)】「オプジーボ」vs「主治医による選択」

ヤーボイ」治療後に増悪した人でも「オプジーボ」治療を選択することで、奏効率の向上が期待できる。

試験では、「オプジーボ」治療を受けた31.7%の人が奏効し、主治医が選択した治療を受けた場合の10.6%に比べ有意に向上。

オプジーボ」治療に関連したグレード3または4の有害事象は、リパーゼ上昇(1%)、ALT上昇(1%)、貧血(1%)、倦怠感(1%)。主治医が選択した治療に関連したグレード3または4の有害事象は、好中球減少症(14%)、血小板減少症(6%)、貧血(5%)。

【発表】

2015年3月18日

【試験名】

ChackMate 037〔NCT01721746

【原著】

Lancet Oncol. 2015;16:375-84. [PMID:25795410]

【内部リンク】