【子宮体がん:一次治療】「パクリタキセル+カルボプラチン」vs「パクリタキセル+ドキソルビシン+シスプラチン」

Stage IIIまたはIVの人が初めての治療を考える場合、「パクリタキセルカルボプラチン」治療を選択しても「パクリタキセルドキソルビシンシスプラチン」治療に劣らない生存期間が期待できる。

グレード2以上の感覚神経障害は、「パクリタキセルドキソルビシンシスプラチン」治療を受けた人の26%が経験し、「パクリタキセルカルボプラチン」治療を受けた20%が経験した(p= 0.40)。「パクリタキセルドキソルビシンシスプラチン」治療を受けた人がより多く経験したグレード3以上の有害事象は、血小板減少症(23%vs 12%)、嘔吐(7%vs 4%)、下痢(6%vs 2%)、代謝性毒性(14% vs 8%)はであった。好中球減少症(52%vs 80%)は「パクリタキセルカルボプラチン」治療を受けた人でより多く経験した。

【発表】

2020年9月29日

【試験名】

GOG0209(Phase 3)〔NCT00063999

【原著】

J Clin Oncol. 2020;38:3841-3850. [PMID: 33078978]