【PIK3CA陽性乳がん:二次治療】「アルペリシブ+フェソロデックス」

HER2陰性 HR陽性 PIK3CA変異型の進行乳がんと診断され、 CDK4/6阻害薬を含む前治療後に増悪した127人が「アルペリシブフェソロデックス」治療を受けた結果、50.4%の人が半年後も増悪なく、生存できた。

アルペリシブフェソロデックス」治療の主なグレード3以上の有害事象は、高血糖(28%)、発疹(9%)、斑状発疹(9%)であった。

【発表】

2021年4月1日

【試験名】

BYLieve(Phase 2)〔NCT03056755

【試験参加国】

日本(大阪医療センター)、スペイン、フランス、米国、ベルギー、カナダ、インド、イスラエル、イタリア、韓国、アルゼンチン、チリ、ドイツ、オランダ、シンガポール、英国

【原著】

Lancet Oncol . 2021;22:489-498. [PMID: 33794206]

【さらに詳しく】