【トリプルネガティブ乳がん:三次治療(PFS、OS)】「サシツズマブ ゴビテカン」vs「化学療法」

転移性(脳転移を除く)のトリプルネガティブ乳がんと診断され、2ライン以上の治療歴がある女性が、次の治療を考える場合、抗Trop-2抗体薬物複合体「サシツズマブ ゴビテカン」治療を選択することで「化学療法(カペシタビンハラヴェンゲムシタビンビノレルビンより主治医が選択)」を選択した場合を上回る無増悪生存期間、生存期間が期待できる。

化学療法の奏効率が5%であったの対し、「サシツズマブ ゴビテカン」治療を受けた人の35%が治療に奏効した。

グレード3以上の治療関連有害事象について「サシツズマブ ゴビテカン」治療を受けた人の51%が好中球減少症(vs 33%)、10%が白血球減少症(vs 5%)、10%が下痢(vs 1%未満)、8%が貧血( vs 5%)、6%が発熱性好中球減少症(vs 2%)を経験した。

【発表】

2021年4月22日

【試験名】

ASCENT(Phase 3)〔NCT02574455

【原著】

N Engl J Med 2021;384:1529-41.  [PMID: 33882206]

【外部リンク】