【EGFR陽性肺がん:一次治療(OS)】「イレッサ」vs「カルボプラチン +パクリタキセル」

EGFR陽性の人では、標準的な化学療法を始める前に「イレッサ」治療を選択することで無増悪生存期間の延長が期待できるが、生存期間の延長は期待しにくい。日本人における試験結果。

【発表】

2012年9月11日

【試験名】

NEJ002

【原著】

Ann Oncol. 2013;24:54-9.

【内部リンク】

【外部リンク】