【膵がん:一次治療】「S-1隔日投与」vs「S-1毎日投与」

初めての治療を考える場合、「S-1隔日投与」を選択しても、承認されている「S-1毎日投与」に比べて生存期間の延長は期待しにくい。

試験では「S-1隔日投与」を受けた人の生存期間は9.4ヵ月、「S-1毎日投与」を受けた人の生存期間は10.4ヵ月。無増悪生存期間は「S-1隔日投与」で3.0ヵ月、「S-1毎日投与」で4.2ヵ月。

食欲不振、倦怠感、好中球減少症、色素沈着、肺炎の発生率は「S-1隔日投与」でより低い。

【発表】

2017年3月1日

【試験】

Phase 2

【原著】

Cancer Chemother Pharmacol. 2017 Mar 1 [PMID:28251282]

【外部リンク】